3連休は星と鳥で

こんにちはバードウォッチャーどらごんです。
3連休は確実晴れそうな予感と言う事で滅多に行けない(^^)
富士山の麓まで行って来ました。
この日はEQ友の会(FACEBOOKのチャットグル-プ)ほぼ全員が集結。
予報通りの晴天に恵まれ久しぶりに星空を満喫しました。

富士山をバックに固定撮影
星が少ない寂しい時間帯でしたが富士山のお陰で絵になります

そして北のぐるぐる
何気に真北のぐるぐるは初めてだったりする(^^)

銀河祭に参戦しないんか~い。
駆け込み需要の薔薇星雲。

薔薇星雲(SAO)
撮影日時   :2020/3/21
撮影地    :富士山麓
光学系    :KASAI GINJI-150FN(改)
架台/ガイド :EQ6 pro / ガイドスコープ60mm / ASI120MM / PHD2ガイド
カメラ    :SBIG STT-8300M
露光データ  :Ha (600sec×15)/S2 (600sec×8)/O3 (600sec×8)
画像処理ソフト:PhotoShopCC/FlatAidePro/DeepSkyStacker
撮影用ソフト :Astro Photography Tool

銀河M106も撮影したのですがこちらは後ほどupするかも?しないかも。
連荘で星撮りする予定でしたが翌日は夜半過ぎから曇ると言う予報。。。。なんだか怪しいので
しかたなく、しかたなく
鳥撮影に予定を変更(^^)
さすが日本一富士の麓!千葉の我孫子では出会えない鳥さんにいっぱい会えました。
初めて生で見たウグイス、ホオジロ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、カワヒラ、アトリ、ジョウビタキ、タカなどなど
今回はお気に入りの数ショットupしておきます。

まずはうぐいす。
撮るのも生で見るのも初めてファインダー越しに「ほぉ~ホケキョ」と泣く姿を見て感動

もういっちょ~

ぽっちゃり可愛いシロハラゴジュウカラ。
青い鳥!!まさかあの子と思いました(^^;

地元では見た事ない鳥カワヒラ。
逆光ぎみでかっこよく撮れました。

虎柄?ツグミと思ったけどアトリと言う鳥らしい。

スズメちゃんと思いきや顔の模様が違った(^^)ホオジロ

年明け一発目の遠征~M78星雲

2020年1月22日タイトルの通り年明け初めての遠征でした。
最近メインで使ってるEQ6の調子が悪い。。。。
何が原因なのか機械音痴の自分にサッパリ分からずこの日も不調の原因をつかめないまま導入
ですがついに赤道儀が全く機能しないと言う事態に(泣)
不調の原因はなんとなく気づいてました。
ある時から赤経軸がカックン、カックン(@@)
激しくガタがあるようです、大げさではなく左右5mmくらいはカクカクします。いやっもっとかもしれない
EQ6にはいつか六角レンチを差し込む場所がありそこからをバックラッシュの調整をすると言う話を聞いた事があるのですがそんな調整をする勇気はなくずっと放置。。。。
今回は現地でまともに赤道儀が稼働しないと言う事態(T-T)さすがに何もしないわけには行かず遂にレンチを持ち出し、あの穴、この穴、その穴ありとあらゆる穴に差し込んで調子を試みるが全く良くなる気配がない。。。
諦めかけたその時!何気なく黒い円い蓋?を手で回したらなんと意図も簡単に回るではないですか!!
全開に回し蓋を取るとそこには何かが見えます(^^)
でも見た感じ首カックン、カックン、の原因はここではない様です。。。。
なにもせずに蓋を戻しました(手で回して(笑))するとどうでしょう
なんとぉぉ!!首カックンがなくなりました。
どうやらこの蓋が緩んでいた事が原因だったようです。
しかしなぜ?こんな簡単に緩んでしまったのか(--;
EQ6のオーナーなら普通は知ってて当然?いやEQ6オーナー以前に赤道儀たるもの扱う人にはあたり前田のクラッカーなんでしょうか?
まぁ常識かも知れませんが今回のような事で悩まむ人がいなくなるように情報として無知を恥じる事無く載せておきます(^^;;

ちなみにココです

すいません訂正です
Tezさんからコメントをいただいて気が付きました
よくよく考えたら北の方向に向かって右側の黒い蓋を締めなおした時にガタが治った事を思い出しました。
従いまして上の写真間違えで反対側でした。

蓋を開けたところを載せておきます
北に向かって右側
ここが蓋で押さえられていないとベアリングが飛び出てガタが出るようです。

北に向かって左側
ここは単にキャップの役目

今回は辛うじてまだ赤道儀が機能してた時に撮影したM78星雲L画像(15枚)を以前6Dで撮影したものにMIXして見ました
ここはいつもの事ですが右下からのスペシューム光線が激しくて消すのに苦労します。

あの赤道儀の状態では星が丸くなるわけもなく仕方ないと言う事で。。。。。
くれぐれも画像をつまんで大きく拡大する事がないようにお願いします(笑)
構造もトロトロに溶けちゃってますが気になさらず。

M78星雲
撮影日時   :2020/1/21
撮影地    :千葉県いすみ市
光学系    :KASAI GINJI-150FN(改)
架台/ガイド :EQ6 pro / ガイドスコープ60mm / ASI120MM / PHD2ガイド
カメラ    :SBIG STT-8300M、CANON6D SEO SP4
露光データ  :L (360sec×15)/CANON6D SEO SP4(360sec×20)
画像処理ソフト:PhotoShopCC/FlatAidePro/DeepSkyStacker
撮影用ソフト :Astro Photography Tool

おまけです(^^)
鳥も撮影してます。

人に馴れ過ぎたヒヨドリ、ムクドリ、ツグミの近距離から撮影した写真

そして大好きなカワセミ
いつもの池のカワセミ君たちは今年もどうやら元気そうです。

大阪あすとろぐらふぃ~の忘年会とザリガニの住家に潜入

先週大阪あすとろぐらふぃ~の忘年会が開催されました。
流石に千葉からは遠いので参加を諦めていたのですがなんとGOODタイミングで大阪出張!
この機会を逃すものか!!と言うわけで急遽参戦して来ました。

仕事が終わって宿なしのドラえもんは迷人会のザリガニこと、あーちゃーさんに声をかけていただきザリガニの住家にて2泊お世話になる事になりました。

夜8時ごろに合流してザリガニくんとのデートがスタート
夜景の見えるお洒落ぇ~なイタリアンレストランでディナーを満喫
どうやらカップルで入るべきお店だったようです
メニューも2人で仲良くシェアしていただくものでした、カニ・エビ入りのピザと大皿のパスタ、最後には締めのデザート

店前ではしゃぐザリガニくん
ちょっとホラーな感じでお見せ出来ないのが残念です。

その後は深夜の大撮影会
ザリガニの住家からほど近い明石海峡大橋をメインに撮影です
数枚だけライトアップされた瞬間を撮影する事が出来ました

その後は消灯

かろうじてオリオン座も見えていたのでタイムラプスも撮影

そして比較明合成、雲が多くて残念ですねぇ

翌朝は近くの公園で野鳥撮影です。
地元では見たことがないジョウビタキ、ルリビタキなど珍しい野鳥と出会う事が出来ました。
残念ながら私は写真に収める事が出来ず。。。。(T-T)そんな中ザリガニくんは初野鳥にも関わらず見事にGETしてました。
取り合えずコゲラとえらく人慣れしたハクセキレイのアップだけ載せておきます。

忘年会当日
この日は14名のメンバーが集まり大いに盛り上がりました。
お久しぶりの再会、夕焼け熊五郎さんとドラえもんのツーショット写真

宴会会場はKINGが経営する料理屋さん(^^)
身内と言う事もあり?豪華な料理を盛りだくさん提供して下さいました。
鴨鍋ぇ~!!

馬の焼肉ぅ~!!

あっという間に一次会終了~
お決まりの記念写真
おりおん提督と言えばスカジャンにラメ入りのパンツのはず!なんだか違和感があります。
ちょっとおしゃれ過ぎるのは気のせいだろうか?眼鏡も細めの金ブチヤンキー風だったはず?!

上から下まで時計、靴も含めバッチリコーディネートされてます、おまけに筋肉ムキムキのマッチョ!(^^)
どらレーダー(私服センス星★一つ)を意識した結果なのでしょうか?
どらレーダー(http://www.dragondemand.com/astro_view1.php?pageID=2)
しかし容姿は変わっても迷人会魂は忘れていないようです伝統のう〇こ座り!!
前の2人は迷人会に多大な迷惑を掛けたので冬の正座で反省、TUBAKI兄貴もその責任を取って冬の正座です。

その後一部のメンバーで近くのカラオケへ直行
滅多に聞く事ができないメンバーの歌声を嫌というほど無理やり聞かされましたw
トップバッターは何の役に立つの分からん今年の「迷人会オブ・ザ・イヤー」を授与され気を良くしているTSUBAKI兄貴から

曲名は中村雅俊の「恋人も濡れる街角」
この歳になるとの中村雅俊の曲は鉄板ネタです。
イヤラシイ、エロい大人の魅力を感じる歌声は流石でございました。
そして何故か動画撮影会がスタート
一曲終わる毎に動画ファイルを迷人会LINEへアップ!留守番をしてるメンバーからすると夜中にいい迷惑だったと思いますがそんな事はお構いなしw
罰ゲームとしてザリガニくんが歌うB’Zをここで晒してもいいと思ったのですが彼の名誉の為止めておきます。
後で知った情報ですがB’Zをこよなく愛する九州方面軍のせぱたんがこの歌声を聞いた後、高熱を出して寝込んでしまったようでした。
B’Zを気持ちよく歌うザリガニくん

楽しい会もあっという間に終了です。
ザリガニの里まではここから2.5時間もかかります
終電があるうちに急いで帰宅します
そしてどらとザリガニくんは前日からの遊びで酷くお疲れモード、深い深い眠りにつきました。

翌日は早起きして再び野鳥を撮影しに行く約束をしたはずだったのになんと14:30を過ぎても起きる気配が全くないザリガニくん

体の動きを感知して程よいタイミングで起こしてくれるハイテク目覚ましなんでバッチリ起きれますと豪語してたのに。。。。
どうやらこの高級目覚まし時計は甲殻類ザリガニくんには無用な長物だったようです。
後で没収する事にします。

最後に回転寿司で食事、そしてお別れ
まだ眠そうなザリガニくん(^^)

ザリガニ先輩3日間お世話になりました。