SBIC STT-8300Mファーストライト

報告が遅くなりましたが2017年7月7日(金)茨城県のつくばへ行って来ました。
目的は先日入手したSBIC STT-8300Mのファーストライトです(^^)
冷却CCDカメラの設営、ピント合わせ、フラット撮影、それに関連するソフトウェアの操作。。。。初めての事ばかり不安でいっぱい(^^;
設営は自宅で練習してたのでまぁなんとかなりました。
でもっていよいよ撮影開始です(^^)
今回の撮影ですが標準で添付されてるSBIG社製CCDカメラ標準制御ソフトCCDOPSで撮影しようかと思いましたが正直。。。。。。。
さて撮影するためのソフトウェアはどうしようか?
冷却CCDカメラ画像処理・制御ソフトウェアで有名なMaxImDLとか言うソフトがあるようなのですがお値段が高くて手がでません(^^;
こちらはお金が貯まったら考える事にします。
星友やまぎりさんのお勧めでもあり、以前から気になっていたAPT(Astro Photography Tool)を使う事にしました。
http://www.ideiki.com/astro/Default.aspx

suport内容に

Native support for SBIG cameras and filter wheels.

の文字!どうやらSBICの冷却カメラは問題なさそう安心して使えそうです。

気が付けば今日は七夕です(^^;
七夕と言えば子供の頃から「天気が悪い」のイメージが定着しておりましたが今日は見事な快晴!とは言ってもほぼ満月
ナローバンド撮影って言っても流石にこの月明りで撮れるのかなぁと半信半疑で撮影スタート
SAO合成なんてのもやって見たかったのですが注文したフィルターの到着が残念ながら間に合わずL,R,G,B,C,HaのフィルターしかないのでHaフィルターでモノクロ撮影
まず困ったのがピント合わせが難しいぃぃぃぃ(><)
バーティノフマスクを付けてのピント合わせですがデジカメと違って光条がはっきり写らず往生しました(^^;
しっかり光条を写すために何かソフトウェア上で設定が必要なのか?
正直ピントが合ってるのか微妙な感じ取り敢えず作業を進める事にw
今日はIC1396の象さんの鼻(Elephant’s Trunk nebula)カッコよく撮影する予定で来ました。
早速IC1396を導入して撮影開始Haで10分撮影
映し出されたプレビューを見て唖然。。。。。大きい明るめ星が写ってるだけ(@@)
おいおいマジかよ(T-T)ダメなのか?
いつもならJPGファイルを激しく強調して確認するところですが今回のファイルはfitファイルです。さてどうしたものか?(@@)
偶然インストールしてあったccdStack2で開いて見るとおやおやぁ~見えてます!写ってます!象さんのお鼻(^^;
状況はよくわからないけどきっと強調すれば出てくるんだろうと勝手に想像。。。。。
その後Ha10分をひたすら撮影。。。。。

後から知った話ですがどうやらimgタブのPreviewEffectでガンマ値なんかが変更出来るらしいこれである程度プレビューで確認出来るのかな?
次回は設定を変えて見ます。

今回撮影したのがこの2対象。満月期にも関わらずしっかり写るんですねぇビックリ(^^;
しかもクレセントに関しては薄明開始20分前からの撮影に関わらずこれまたしっかり写ってるし更にビックリ。
モノクロの処理って果たしてこんな感じでよいのだろうかw

IC1396
撮影日時  :2017/07/08 12:30~
撮影地   :茨城県つくば市
光学系   :VixenED81S / TSRED80レデューサー
架台/ガイド:EQ6Pro / ガイドスコープ60mm / ASI120MM / PHD2ガイド
カメラ   :SBIC STT-8300M
画像ソフト :DSS / ステライメージ7 / PSCC / FlatAidePro
露光データ :Ha(600sec×8)-15℃

NGC6888
撮影日時  :2017/07/08 3:00~
撮影地   :茨城県つくば市
光学系   :VixenED81S / TSRED80レデューサー
架台/ガイド:EQ6Pro / ガイドスコープ60mm / ASI120MM / PHD2ガイド
カメラ   :SBIC STT-8300M
画像ソフト :DSS / ステライメージ7 / PSCC / FlatAidePro
露光データ :Ha(600sec×6)-15℃

以上冷却CCD(SBIC STT-8300M)ファーストライトのご報告でした。
OⅢ、SⅡフィルターの到着が待ちどおしい。。。。。。。早く来ないかなぁ。

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会からのお知らせ

皆様ご存知の通り、梅雨末期の集中豪雨にて、北部九州は甚大な災害に見舞われました。災害に会われた方、尊い命を失われた方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

今回災害にあわれた地区で「東峰村」には北部九州ででは天体観測のメッカと言われた「小石原」が含まれます。
たまたま「九州方面軍」を擁する私たちは、何も出来ないよりは何か行動を起こすべきと考えました。
私は現地を写真でしか知りません。しかしながら「あの星空の美しい山里」がそのような災害に見舞われ「難渋している方々」がおられる現実に微弱ながら・・そしてあまりに単純な方法しか思い浮かびませんが・・・一つの提案をしたいと思います。

まず、公の義援金活動です。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/bousai/gouu201707_p2.html?js-hash=01
http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/activity/fukusi/abt_act_fk_gienkin.html

また、迷人会内部でも募集をします。
個人では「僅かしか・・気持ちだけしか」の方々もあるでしょう。私も大きなことはできません。
もし、それでも少しでものお気持ちがある方がおられましたら内緒メール・ゲストブックにご連絡を下さい。
迷人会名義の口座をお知らせさせていただきます。
我々の分と、とりまとめ「星空の美しい街を大切に思う全国有志一同」みたいな名義で責任をもって振り込ませて頂きます。
また後日総額をご報告させていただきます。

なお、おそらく代表者の名は聞かれると思うので、当会「九州方面軍司令官」のせぱたんさんにそのお名前をお貸しいただきます。ご了承ください。

また、もう1つの方法として私が個人的に持っております、ユニクロ「UTme!」の商品のうち1作品を別途デザインさせていただきました。

この仕組みは1商品販売があるたび300円のデザイン料が発生します。この分を集約し全額義援金に充てたいと思います。これも後日全販売点数と金額を公表し皆様に報告させていただきます。

https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/commodities/FohGQJE?locale=ja
商品ページです。
(こちらは売り上げを請求することにタイムラグが発生するため、1ケ月ほど先になりますm(__)m)

私たちに何が出来るかを数日考えましたが、遠く関西の私たちにはこんなありきたりな方法しか思い浮かびませんでした。
それでも、同じ星を愛する九州の方々がお世話になった地。
個人でも、我々に任せて頂いても、また買い物の一部でも・・・どの形でも結構です。
もし、ぜひと仰って頂ける方がいらっしゃればよろしくお願いいたしますm(__)m
 
大阪 あすとろぐらふぃ~迷人会 一同

冷却CCD~SBIG STTー8300MーABG

ついに我が家にも究極のウェポンがやって来ました(^^;

SBIG STT-8300M-ABG・FW8-STT・標準<カラープラス(LRGBC+Hα)> ・カメラレンズアダプター・EOS、ガイド素子搭載型交換フェースプレート

まさかこんなに早く購入を決断するとは本人が一番ビックリしてます。
本体+フィルターホイールで2kちょい
かなり重いです。。。この重さに耐えうる筒を持ち合わせおりませんが果たしてどうなる事やら。。。。(^^;

まぁどうにかなるでしょ?ってバカ!(^^;安い買い物ではなかろうに。。。。w

ホームページSBIGセット販売

詳しい仕様は以下の通りです忘れないうちにコピペ(( ..)φメモメモ)

メインCCD素子: 
Kodak社製「KAF-8300M・ABG」<標準クラス>
17.9×13.5mm:3326×2504画素(5.4μ角)

冷却能力: 
空冷時(標準付属):外気温より最大-50℃
※水冷装置は今後発売予定。

サブCCD素子: 
非付属
別売の「FW8-STT・SG」に搭載。

視野角(FOV): 
メインCCD:1.1124″(/1画素・1000mm)
サブCCD:———————

対応駆動電源: 
AC100(50/60Hz)・DC12V(6.0A)

本体サイズ: 
約21.1cm x 16cm x 12.7cm / 重量約2.08Kg

望遠鏡への接続: 
50.8mm・M54.5mmネジ(メス)

Back Focus: 
約41.7mm(50.8mm時/フィルターなし)

露出時間: 
0.12~3600秒(@0.01)

画像サイズ: 
約8.7MB(SBIG圧縮形式)/16Bit

IF・転送時間: 
高速USB(Ver2.0)・~1秒

OS: 
Windows XP・Vista・7(各32&64Bit)/MacOS X(10.6~)/Linux

制御ソフト: 
標準付属品:CCDOPS 英語版(Ver5.53)

——————————————————————————————————————

冷却CCD本体
SBIG STT-8300MーABG

フィルターホイール(対応フィルターφ36x8枚)
FW8-STT

バーダーフィルター
LRGBC

カメラレンズアダプター(CLA-83-CN)
SBIG カメラレンズアダプター・EOS(FW5/8-8300/FW8S-STT共用)

ガイド素子搭載型交換フェースプレート

——————————————————————————————————————
しかし今回購入したこの冷却CCDカメラ(STT-8300M)ですが情報が少ないですねぇ(^^;
人気がないのか?高い割にはイマイチ?なのか。。。。。

セレストンC8に仮接続して取り敢えずニヤリ、記念撮影:*:゚. (о´∀`о)

買って満足っ!って言う人にならないようにこれから頑張ろう!!
そして有益な情報を少しでも配信出来たらいいなぁ。。。。。。
(あまり期待しないで)お楽しみに!