工作」カテゴリーアーカイブ

赤道儀2台で運用する為の準備~BOXの工作とステナビの星図が表示されないの対策

EQ6の運用も安定したと言う事で今月は2台体制で運用計画です(^^;;

2台体制にするにあたり現地での設定、撤収を素早くお手軽にやりたいので今回はこんな感じのBOXを作って見ました\(^o^)/
ちなみにこのようなBOXです

どうですか?カッコいいでしょ?って自分で言ったりして。。。(^.^)
蓋を開けずに必要なケーブルを繋げるだけで設定完了です!

どうやらアルミ枠が近いし12V接続のネジが近すぎるので怖いらしいw
絶縁対策は後程。

BOXの側面には
○USBの接続口が4つ
○12vのソケット3つ
○バッテリーからの入力ジャック
○PCの電源ON/OFFスイッチ
○BOX内のインバータの電源ON/OFFスイッチ
○BOX内のブクブク、ルーター電源ON/OFFスイッチ
○乾燥空気用のニップルを装着(2017年3月現在未着手)

いやいやこれを作るのに電気の知識が全く無いので苦労しました。
DC12vをどうやって分配するの?PCの電源ON/OFFの制御をどうしたらいい?ネジって電気を通すの?インバーターの電源ON/OFFは?などなど。。。。。
こんな感じのど素人がよくもまぁ作ろうなんて思ったものです(^.^)

材料の調達!(^.^)
お勉強は苦手なので事前に調べる事は特にせず取りあえず大型ホームセンターへ買い出し
ほど良いケースを物色、USB延長ケーブル、電源タップ、DC線なんかを買え揃えました。
今回購入した材料はざっとこんな感じ(^.^)
インバーターはファンの音がチョット気になるけど3年間使って実績のあるインバータをあえてチョイス、乾燥空気用のブクブクブは前回は少し大き目で2口空いたのを選んで失敗したので今回は少し小さめのものを選びました(^.^)むしろこっちの方が空気の勢いが強く感じるのは気のせいかw
PCの電源はレリーズシャッターを利用して物理的にスイッチを押す作戦(^^;果たして上手くいくのか?

全てではないですがざっとこんな感じのものを揃えました







側面に穴を開けたり、スイッチを配線したりと野生の感で作業を進め2日間掛けてようやく形になったところで動作テスト開始

BOXの側面にディープサイクルバッテリーからDC12vを接続、
赤道儀に電源とEQダイレクトケーブル、ガイドカメラ、一眼レフ用USBケーブルなど遠征先で使う全てのケーブルを同じくBOXの側面に接続

実は今まで赤道儀に関してはACアダプターを介して接続してたのですが今回はいい機会だったのでDC12Vを直で繋げました。
恐る恐る電源ON!Σ(゚д゚lll)
見事に通電!全ての機器が正常に始動!

次に機器の動作確認。
teamviewerを使って無線LANでPCに繋げリモート操作のテスト
ステラナビゲーター10を起動そして赤道儀に接続&星をテスト導入!ノープロブレム問題無し!
\(^o^)/上手く行ってます。

さらに詳しく動作検証を進めます
現地では緊急時以外はディスプレイの接続はしないのでPCからディスプレイを外しての動作検証

ここで新たな問題が発覚!(>人<;)
ディスプレイを外した状態でteamviewerでリモート接続、ステラナビゲーター10を起動
なんとステラナビゲーターで星図が表示されません!!
表示がされないだけで正常に動作はします(^^;;、とは言っても星図が見えないのではなんの意味も無い。

ググって見るとちょこちょこ検索にヒットします。
動作保証外のpc環境では設定からDirectXモードをOFFにして下さい(ステナビ9)、
今回のバージョンはステナビ10ですけどねぇ(´-`).。oO(
バージョン10にはDirectXモードの設定は見当たらないっすねぇ、たぶん。。。(´-`).。oO(
アストロアーツのQ&Aでは動作保証外の環境の場合新しい環境で再インストールして下さいと(^^;;
まぁ普通はそうでしょうねw

でも今まで別環境で使ってるPCとteamviewer接続だとディスプレイ無しでも星図は正しく表示されるのになんか解せない。。。。

色々調べたらこう言ったものがあるようです
CompuLab Display Emulator

果たしてこれを買えば解消出来るのか?
解消出来なければただの無駄遣いになるしでも今注文しないと新月に間に合わないし困った(>人<;)

こんな時はいつもの仲間にご相談
「スティックPCのteamviewer経由だとステナビの星図が表示されないのですが私だけですか?」
すると既にスティックPCで運用されてるやまぎりさんが
「RDPwrapperでリモート接続すればバッチリです」のご回答
「なのでそんなドグル?ドズル?ドングリ見たいなものは不要です」と。。。。
そこで葛藤が(^^;;
やまぎりさんを信じ無いわけではないけど今このドングリを注文しなければ新月に間に合わない。。。。
さてどうしたものか。。。。もしRDPwrapperで解消出来ない時にアドバイスをくれたやまぎりさんに対して殺意が芽生えたらどうしよう。。。なんてw(^^;;
これはいかん!(^^;;と言う事で自己責任で購入する事にしました。毎度お買い上げありがとうございますぅ〜AMAZONでドズルをポチリw

翌日アドバイス通りRDPwrapperを早速インストール
インストール自体はとっても簡単(^.^)
リモート接続したいPCにダウンロードしたzipファイルを展開し
install.bat、update.batの順に実行するだけでOK
インストール後にRDPCONFを実行して赤字が無くなれば良いのです(^.^)

がしかしいっこうに赤字が一向に消えない!(>人<;)
何故だ!

そして2時間後やっと解決(^^;;
結論から言うとupdate.batが正常に実行されていなかったと言う落ち。。。。
update.batの内容をテキストで開いて確認してみるとRDPWINST.exeが実行されもしエラーが発生すれば
virusxxxxxと言う文字が表示される見たいです
RDPWINST.exe内でどんなupdate処理が行われてるのか不明だがどうもPCがインターネットに繋がってると言う前提で実行されてるもよう(たぶん)(^^;;
完全ローカルLANの環境でネットには接続してないので試しにインターネットに接続してupdate.batを実行したらあっさりと正常に実行されました。

RDPwrapperでのリモート接続も無事完了
でもってステラナビゲーター10の星図が表示されない件も見事に解決!
色々大変だったけどスッキリです(^.^)

さらにその翌日AMAZONから到着したCompuLab Display Emulator別名ドングリw+teamviewerでの疑似的なディスプレイ接続でも
星図が表示されない現象は解消されました。

実際に遠征先で導入しました
結果トラブルもなくバッチリでした
RDPwrapperでのレモート接続は自分の環境だと画像の再表示にタイムラグたまにあるようです。
タイムラグと言うか再表示されないw
そんな時はteamviewerで接続!
結果RDPwrapper、teamviewerの二刀流は結果オーライでした。

遮光環付フード/セレストロンC8/天体望遠鏡用

春に向けての準備開始

C8のファーストライトを終えてフードについて少し不安があったので解消する事にしました。

セレストロン純正の巻きフードは正直使い勝手が悪い、
単純に巻きつけるだけなので筒に対して真っ直ぐ装着出来ているのか?
フードの口径が小さいのでケラレがないのか?などなど。。。。。

何是フードを作成するのは初めての事なのでどうやって作るのか良く分かりません(^^;
作成する前に調べてみると遮光環付のフードなるものがあるようです
見た目カッコ良くて機能性もバッチリっぽい!

と言うわけで皆さんもよく自作されている遮光環付フードを作って見ました!
我流が入ってますので間違った点を発見したらアドバイスを下さい!(^^;
作る過程で失敗した経験談を踏まえながら私なりに気付いた点を紹介して行こうと思います。

今回作成したフードの画像はこちらです
直径30cm弱、見た目はかなり大きい(^^)

遮光環フード25 遮光環フード24

まず初めに思った事

  1. 本来吸水性を考えて巻きダンボールを使った方がいいのか?
  2. 黒板スプレーを使って塗装した方がいいのか?
  3. 大きさはどれくらいがいいのか?

考えた上で巻きダンボールは安いし加工がし易いけど塗料が剥がれるのが怖いのでやめました

今回はシンプルにシールタイプのフェルト(黒)とシルバーキャンピングマット(8mm厚)をメインで作成する事にしました。
IMG_2195

準備した材料

  • ポリプロピレンシート2mm厚 600×900
  • フェルトシート(切り売り) 600x2500
  • シルバーキャンピングマット8mm厚 1800×900cm
  • 100円の保温レジャーシート
  • 両面テープ

初号機に関しては設計図もどきを作成したのですが今回は現物に直接あてて作成です
緻密な計算が出来ない自分にとってはこちらが手っ取り早いっw
では早速

筒先にシルバーキャンピングマット(8mm厚)を巻きます

最初に筒先に巻くフード(シルバーキャンピングマット(8mm厚))を2重で巻きます。
プレートにかかる部分は切り落としました
この作業で適切なサイズ、装着のやり易さ、安定性が決定するのでかなり重要だと思います(^^)

POINT!
強く巻き過ぎると装着しずらい、弱すぎるとぐらぐらしちゃうので注意
重ねた部分は両面テープでしっかり粘着させます

遮光環フード02

そして今回やらずに後悔した作業

1層目のシートは上下巻き返しをフェルトシートをしっかり巻く
2層目のシートは上部のみ巻き返しを入れてフェルトシートを巻いておく

後から作業するのは大変なので事前にやるべきでした(^^;

2重巻きにしたその上からさらにもう一枚マットを重ねて3重にします

高さは重なった分+5.5cmでカットします。
下から見たところはこんな感じで3重です
IMG_2345
なぜ+5.5cmかと言うと使ってる1mの定規の高さが5.5cmで以後の作業で都合が良かったからです(^^;
作業効率はこれで少し捗りました。
遮光環フード27

高さ5.5cm、3層目と同じ幅であらかじめ4枚カットしました

カットしたら輪っかにしてガムテープで仮止め
遮光環フード01

内側にシールタイプのフェルトを貼ります

遮光環フード04
※必ず輪っかにしてから植毛紙を貼りましょう!でないとシワシワになっちゃいます。なのでフェルトの幅は少し長めで

遮光環となるリングを切ります

材料はポリプロピレンシート2mm厚を使いました
内側の切り抜き部分は材料が勿体ないけど強度を重視して1枚ものでリングを作成します
今考えると内側を綺麗にカットして口径の小さい望遠鏡で再利用すれば良かった。。。。。

遮光環のサイズ決定と切り抜き

C8は口径が8インチ(203mm)マットの厚みが8mmそれが3重構造なので8×3の24mm筒の厚みを考慮して。。。。。
なんて難しい事を考えてもしょうがないので定規で実測
直径は28cmでした。
なので直径28cmの円を切ります。
サークルカッターとか言う便利なものがあるようですがこれが意外と高価で。。。
小さいものなら買えそうだけど直径28cmと言う大きさが切れるようなものはとてもお高いです
と言う事でサークルカッターの購入は断念します(^^;

ではコンパスとハサミで!
と思ったのですがうちには幸いな事にカッティングプロッタがあるので
こんな形の円を切り出しました
遮光環を5枚取り付ける予定なので5重の円です
よ~く見ると5重で切れてるのが分かりますね。
遮光環フード05

遮光環は外へ行くに従って輪を広くして行きます
どれぐらいのスパンで広くして行けばいいのか?今回は単純に5で割って5mm間隔(^^;
なんか微妙な幅だけどいいのかな?

PPPシートにカッティングシートを貼って外側と内側を切り抜きました

遮光環フード06

さらに切り抜いた円をPPPシートに両面テープで貼りあわせ
同じサイズで外側と内側を切り抜きました
貼り合わせ たPPPシートを剥がしてまずは1枚完成
遮光環フード07

2枚目
同じくカッティングを貼った方のPPPシートを先程と同じように両面テープで貼りあわせ
さらに内側の層と外側をカットします
2枚目完成

これを5回繰り返して5枚のリングが完成です
遮光環フード09

リングの裏表にフェルトシートを丁寧に貼りました

フェルトのシートを無駄なく有効に使うためリングを4分割して貼って行きました
ここでもカッティングのプロッタが大活躍4分割したリングの形に少し余白を持たせて裏表分の8枚
リングは全部で5枚なので計40枚作成
これを本来全部手切で!(^^;考えるとぞっとします。

遮光環フード11

内側は切れ目を 入れてこんな感じに折り返しました。
外側8mmは見えなくなるのでクオリティは気にしなくても良いかも知れませんが一応綺麗に貼って見ました。

遮光環フード10

ここまで来たら後は楽ちん!ゴールが見えてきました

リングを挟みながらフードを積み上げ

幅が広いリングと植毛紙を貼ったシルバーキャンピングマットを挟みながら積み上げて行きます。
シルバーキャンピングマットの端を合わせながら貼りあわせ積み上げて行きます
意外と簡単に綺麗に積みあがって行くので気持ちがいいです(^^;
間に遮光環を挟んでいるので丈夫でガッチリしてます
仮止め
遮光環フード15
リングにそってガムーテープで仮止め
遮光環フード16

遮光環フード17

遮光環フード18

見た目が汚いのは気にしないでね、後で目隠ししちゃいますので

5階建てにしたら両面テープでぐるぐる巻きに
遮光環フード23

その上から目隠しで薄めのシルバーシートを貼って完成!
IMG_2282

屈折望遠鏡ビフォア、アフター

今日は古い屈折望遠鏡のビフォアアフターです。
何くだらない事やってるの?他にやる事あるでしょ?っと怒られそうな気もしますが。。。。。
これもドラちゃんの楽しみ方の一つなんでご勘弁下さい(^^;

ビフォアー
ビクセンアクロマートレンズ8cm、fl400mm
image

この子をカッコよくしたくてホームセンターでグラスファイバーもどきのシートを購入
グラスファイバー?なんかしっくり来ない。
カーボンですね、間違えた。
500mm幅のシート1m単位で1020円でした。

まずはデザインを!あまりセンスを感じられない。。。。。
IMG_1404

デザインの切り出し
まーちゃるさんに頼まれたマスクも一緒に切り出しです
細かいっ!カストリがめちゃくちゃ大変だわw
IMG_1405

白い筒にカーボンシートでラッピングその後に切り出したドラちゃんマークを貼って完成
アフター
IMG_1412

やっぱりデザインが細か過ぎましたね(^^;ちょっと反省

反対側はもう少しだけシンプルなバージョンで
IMG_1411

黒に赤ってカッコいいなぁ。
奴が来る!!!シャアか?

image

以上週末のご報告でした。