備忘録」カテゴリーアーカイブ

トライバーティノフマスクとBORG77EDⅡ

冷却CCDカメラの操作、撮影を早く覚えよう覚えたいと言う気持ちが先行して初歩的なミスを犯しておりました。

なんと星像のチェックを怠っておりましたw

と言うのも初めはSTT-8300M+VixenED81S+TSRED0.8レデューサーでしばらくテストしてOKだったのですが

本番当日に何を考えたのか急遽、構成の変更(STT-8300M+VixenED70SS+ED6.3レデューサー)して撮影に臨んでしまいそれが失敗の始まりでした。

これがまた中々酷い星像でして。。。TSRED0.8レデューサーとの相性はバッチリなんですけどねぇ。。。。。
この先VixenED70SS+ED6.3レデューサーを活用するのであれば後日じっくり検証する必要がありそうです。

と言う理由でVixenED70SSの導入は断念。

変わりにこの子(BORG77EDⅡ)を投入する事にしました。

BORG77EDⅡ?!何故この子が突然現れたのか?!?(@@)

余りにも酷い星像を見るに見かねて、ぴんたん様が降臨!5年程前に使っていたBORGですが使う予定が無くなったと言う事で安く譲っていただきました(^^)/

そして同じミスを繰り返すわけには行かないので庭からBORG77EDⅡの星像を早速チェック!

せっかくなので最近話題になってるトライバーティノフマスクと従来のバーティノフマスクを作成!そしてテスト!

トライバーティノフマスクは主にシュミカセなどの光軸確認で威力を発揮するようですが、今回は屈折望遠鏡(^^;果たして意味があるのかなぁ?

得意のカッティングシート使いました(^^)
異なる大きさで数パターンを切り抜き77mmのレンズフィルターに貼り付けバーティノフマスクを作成しました。

デジカメ本体液晶ライブビュー及びPC画面上ライブビューの見え方

シンプルで合わせ易いのは従来のバーティノフマスクかなぁ。。。。
トライバーティノフマスクも円形で大きくて見やすいです。ただちょっとだけ細い光条が見えずらいかも?
でも氷の結晶見たいに写る星像は綺麗で見ててキモチイイです(^^)

屈折望遠鏡でもトライバーティノフマスク威力を発揮出来たように思われます。
コマ収差の確認など十分使えそうです。

結果はこんな感じ
2017/10/10アルタイル/CANON6D(SEO SP-4)で撮影

  BORG77EDⅡ+BORGレデューサー(7878) VixsenED70SS+ED6.3レデューサー
トライバーティノフ 
従来バーティノフ 
無し(星像)

最後にアルタイルがお隣のマンション裏に隠れる前に、冷却CCDカメラ+BORG77EDⅡで撮影TEST
ピントをちょこっと外してますがw大丈夫そうです。

BORG77EDⅡは周辺まで星が丸いですね!トライバーティノフマスクの星像もハッキリしてて綺麗です。
次回の遠征はBORG77EDⅡで決定です!

お久しぶりの更新

分かっちゃぁいるけどこの時期ホント晴れないですね(´-`).。oO
まぁそんな日は晴れた時の準備ですね。

と言う事で先ずは赤道儀のオーバーホール(^.^)
なんてカッコイイ事言っちゃいましたがほぼほぼ人任せw
幸いな事に周りの星友はメカに詳しいスペシャリストが大勢!
と言う訳で今回もお願いしちゃいました。minerさんに!w

EQ6から出る異音がずっと気になっておりましたが私にはどうする事も出来ず泣きついちゃいました(^^)

自宅からminerさん宅まで車で約2時間30分、ちょっとした遠征と変わらない距離(^^)
EQ6が生まれ変わるならたいした距離では無いですし全然苦じゃないです。
しかしこの日は首都高の上り降り両車線共に大渋滞
なんだかんだ3時間、流石に疲れたかなw

minerさん宅に到着してご挨拶と賄賂を手渡し早速作業して貰いました。
いやいや正に神ですね、初めて見る赤道儀なのになんの躊躇なく次々とバラして行きます。

見てて凄く気持ちがいい!!この様な技術と知識を持ってるminerさんが羨ましぃ❤️

その後少し遅れて、たじさん、さすらいさんのガヤ軍団が到着。
現場はすっかりminer先生によるオーバーホール講習会モード。

EQ6の構造はちょっと癖があるようです少々お時間、とは言っても数時間ですが、無事オーバーホール完了!
グリスアップもしてもらって快適です!!

そしてさすらいさんの巨根、巨砲を乗っけて試運転
5kgのウェイトを4つ載せてもバランスが取れずwいやぁ〜デカイっす!重いっす!(^.^)耐えられのか心配。。。
そんな心配をよそにEQ6は平気な顔で動いてました(^.^)
やるじゃないかEQ6くんw

そしてお疲れ様と言う事で近くのインドカレー屋さんで美味しい昼食を皆と楽しくいただきました。

以上ドラの楽しかった想い出日記でした(^.^)

それだけだとなんなんでリハビリがてら過去の訳有画像を再処理して見ました。

撮影日時  :2015/05/13
撮影地   :千葉県いすみ市
架台    :スカイメモS
カメラ   :CANON5D MK3

枚数がたったの3枚(^^;当時光害の処理が出来ず放置

撮影日時  :2016/10頃
撮影地   :茨城県城里
光学系   :BORG55FL
架台    :EQ5・PHD2
カメラ   :CANON X6i(新改造)

横に走る線が気になって放置
ノイズ処理をしながら頑張っては見たけどやっぱり消ない。。。。

撮影日時  :2016/10頃
撮影地   :南会津
光学系   :GINJI-150FN
架台    :EQ5・PHD2
カメラ   :CANON X6i(新改造)

撮影したけどなんか好きになれない対象&処理が難しくて放置

撮影日時  :2017/3頃
撮影地   :朝霧高原
光学系   :セレストロンC8
架台    :EQ6・PHD2
カメラ   :CANON X6i(新改造)

月明かりの影響、薄雲あり、枚数不足で放置、ちょっとバックをしめ過ぎですね

バーダープラネタリウム社ナローバンドフィルターの裏表-FW8-STTへの取り付け作業

ナローバンドCCD撮影専用フィルターを2枚追加注文
約1か月半待って遂に到着しました!
これでナローバンド撮影の準備が全て完了し後は晴れを待つばかり(^^;

O-III(半値幅8.5nm/φ36mm)とS-II(半値幅8nm/φ36mm )

バーダープラネタリウム
http://www.kkohki.com/Baader/narrowbandCCD.html

36mmのガラスがなぜこんなに高い(TT)ホントにこの趣味はお金がかかりますねぇ。。。。

早速FW8-STTフィルターホイールへの装着作業スタート!

もちろん冷却CCDカメラ用フィルターの装着作業は初体験(^^;果たして上手出来るかなぁ~(笑)

マニュアルを見ながらの作業、げげっ英語。。。難儀だわ(^^;
https://diffractionlimited.com/wp-content/uploads/2016/08/stt_filterwheel_manual_080812.pdf

とは言ってそれほど難しくなさそうです
作業は六角レンチとプラスドライバーを使って作業します

①まず六角レンチを使ってフロントのカバー4か所のネジを緩めて開ける

②次にフィルタのアタッチメントをプラスドライバーを使って8か所のネジを緩め外す

③黒いゴムの輪(リング)を入れ、PENTAXのペッタン棒などを使ってフィルターを装着

④フィルタのアタッチメント、フロントのカバーを付けて完了

って言うような感じで作業自体は楽ちん(^^;

しかし!!ここで大きな落とし穴がw

フィルターの裏表問題が浮上!(><)

果たしてこのフィルターって裏表があるの?
正直見た目で裏表の判別は出来ない、何となく色が違う様な。。。光の当たり具合なのかそれとも。。。。。
初めての経験なのでわかりません、悩みました。

バーダープラネタリウムの公式サイトFAQに情報がありました。
Unmounted Filters – which side should face the telescope?と言う質問
また英語だぁ~(^^;
マウントされてないフィルターのフェースはどちらに向けるの?って感じでしょうか
http://www.baader-planetarium.com/en/filters/deep-sky/baader-l-rgb-c-ccd-filterset.html?___SID=U
※2017.07.27回答のリンクが外されてます(^^;

このFAQの回答によると英文なもので恐らくですが「フィルターの側面に三角マークがあるので三角の先(とがった方)を鏡筒側にセットしろ」


↑リンクが外れる前に保存したスクリーンキャプチャ(翻訳済)

unmounte-filter-arrow常に反射側を望遠鏡側に向けます。
マウントされていないフィルターは矢印(フィルターの反射面)を望遠鏡側に向けます。

矢印を望遠鏡側に向ける = 必然的にフィルターの反射面望が遠鏡側向く

と理解しました。


なるほど確かにフィルターの側面に△マークを発見!ちっちゃい(^^;老眼が進みつつある私の目には非常にわかりずらい。

装着方向は理解できたので作業開始
念のためショップであらかじめ付けて納品してもらったフィルターの方向を確認

△の先端ははCCD側へ向いてます
あれれぇ??(@@)FAQの回答とは逆方向に全て(R・G・B・L・C・Ha)装着されてます。
さて困った英語の理解不足(翻訳ミス)なのか。。。。。
ショップを信用してショップの向きに合わせるべきか、メーカーを信用してメーカーに合わせるべきか、それとも裏表なんて深く考えず適当でもいいのか?
頭の中はパニック状態

翌日ショップ宛に問い合わせメールを送信
返信をもらったのですがさらに頭がパニック(@@)

バーダー社HPの回答が正しく矢印の先端方向がCCD側に配置されてる事が正しいとの事でした。
でもってショップ側としてはメーカーの意図した方向と逆向きに設定してましたと。。。。。
以下言い訳。。。うんぬんカンヌン×◯▲×◯▲×◯▲

いやいや私の翻訳英文読解ミスでなければバーダー社側では矢印の先端方向が鏡筒側にセットされてる事が正しいと言う事では?

では仮に矢印の先端方向がCCD側に配置されてる事が正しいと言う事であれば
ショップ側としてはメーカーの意図した方向と逆向きに設定してましたと。。。。。と言う文章もおかしいでしょう(^^;そう言う事であれば間違ってるどころが正しくセットされてる事になりますよ。。。。。

結局どっちなんだいと言う事を再度問い合わせ
そして回答
正しくは私の翻訳通りでした

矢印の先端方向が鏡筒側にセットされてる事が正しい

従いましてショップ側の装着は逆でした

と言う事でした。

二転三転してなんか気持ちはモヤモヤ、そうこうしてる間にバーダープラネタリウム社公式サイトFAQのこの記事に関するリンクが外されてるし。。。
何を誰を信用してよいのか。。。。。

バーダー36mmのセルなしフィルターを使われてる方はどのような向きで装着されているのだろう?

2017.07.27現在、メーカー側で逆に付けた場合の影響を確認して後日ユーザー向けにアナウンスするらしいです。
一刻も早く正しい情報が公開される事を祈ります。

217.09.05追記
二転三転しましたが
フィルター面にペンをかざしてにじむ感じ(像が二重になる、昔の3Dビデオのようになる面)を鏡筒に向けました従いまして▼マークがカメラの方に向くようにセットしました。

FAQの回答とは逆の様な気がしますが。。。
http://www.baader-planetarium.com/en/blog/unmounted-filters-which-side-should-face-the-telescope/