観測小屋(もどき)の制作~ついに完成その4

前回まではドアを作ったところまででしたが遂に完成しました!
土、日、祭日をフルに使ってなんとか14日間で終える事が出来ました(^^)
全て1人でやったのでちょっと日数はかかりましたがまずまずの速さではないでしょうか?

最終仕上げとしてまずは床張り
ここはケチらず2x4の板10フィートを31本贅沢に使いました。
根太はウッドデッキを作った時と同じ要領で組みました。
ピラーの箇所は振動が伝わらないように工夫します。
工夫と言っても単に他の床板に触れないようにしただけですが(^^;

屋根材として波板を貼りました
波板は安っぽい感じになってしまうので本当は使いたく無かったのですが思った以上に費用が掛かってしまったのでここは妥協です(--;

雨漏りの最終チェック
雨漏りしそうな隙間はしっかりコーキングで埋めました

配線周りは後程ゴチャゴチャしないように出来るだけシンプルにしようと思う。

AC電源装備
外についてるコンセントから延長コードを自作引きました。
延長コード水道管に通して地面に埋めました。

ピラーに望遠鏡を載せます。
なんと!赤道儀アダプターに付属されてたナットだと小さ過ぎて嚙み合わない事が判明
M6の高ナットを代用する事で回避です。
これでドリフト作業もバッチリ!

最後にDRAGONDEMANDの定番になりました飾りのステッカーを張って終了!

星見小屋での初撮影です。

M101回転花火銀河
SBIG STT-8300M/VIXEN AX103S/レデューサHD/ガイド鏡VIXEN ED70SS
L画像(120secx90)
今までのポジションでは撮影出来なかった対象です。
北方面が広く撮影出来るようになった反面南が厳しくなってしまった。
オリオン大星雲がギリ写らない感じです。

M3球状星団
SBIG STT-8300M/VIXEN AX103S/レデューサHD/ガイド鏡VIXEN ED70SS
L(120secx30)、RGB(各120secx10)

M13球状星団
SBIG STT-8300M/Celestron C8/ガイド鏡240mmガイドスコープ
L(120secx50)、L(5secx50)、RGB(各120secx10)

そしてニワトリライフを更に充実させるためにフィルターを購入
・サイトロン Quad BPフィルターII 52mm
・アストロノミック Pro-Planet 642 36mm
もうしばらくは何も買えません。。。。。。。(T-T)

観測小屋(もどき)の制作~DrgOnBaseその3

観測小屋(もどき)の制作がその3まで来ました。
前回はピラーを立てたところまででしたがあれから二週間、土曜、日曜、祭日の5日間も時間が取れたので一気に作業を進めました。
柱を立てたので屋根作りの準備
屋根作りはノープランだったので現物合わせで制作して行きます。
筒と赤道儀をピラーに載せて高さを確認します。高さはこれくらいかな?(^^;

視野はこのようなイメージになります

壁の色見も確認したかったので側面1っカ所だけ巻くって黒で試し塗
黒(^^)イイ感じではないでしょうか?
ついでにピラーも黒で塗装

屋根を組み上げます
分かっていましたが屋根作りが一番大変です。

雨漏りしないように継ぎ目はしっかりコーキング

やばっ!ちょっとデカすぎたかもです!しかも重すぎる。。。。
パネコート1枚当たり12kg計算すると屋根半分で40kgもあります
こりゃあかーーん。
と言う事で半分の高さに調整まぁ許容範囲でしょうか。。。。
屋根は赤で塗って見たがうぅーーーんイマイチ
何かに似てる、見たことある!
あっ!これはまさしくキン肉マンハウスだ!(^^)

まぁフェラーリカラーだと自分に言い聞かせこれで良しとします。
フードを付けても開閉出来ます。

次にドアを作ります
ノブはシャレタのにしたかったのでAMAZONで事前に調達しました。
AMAZONで購入したのがこれ

届きました!中々カッコエエじゃないですか!

早速取り付ける事に(^^)っとその前に商品の確認
内鍵の施錠OK、解除OK、外鍵。。。。えっ!?ロックされません。
まさかの不良品?
泣く泣く返品しました(T-T)
結局ショボいドアノブをホームセンターで入手です。

取り付け位置はど真ん中!仮止めしてイメージを確認

2枚の板と枠組みで手作りします
ホールソーで指定された箇所に穴を開けてドアノブを取り付けます。

完成したドアがこちら

ドアを取り付けて塗装して完了

スライドルーフオープン

これで8割完成です
残すは屋根の一部と内装と飾り付け。
観測小屋(もどき)の制作~DrgOnBaseその4へと続きます

観測小屋(もどき)の制作~DrgOnBaseその2

観測小屋の制作の進捗状況です。
先週の土、日は天気がよく作業日和となりました。
チャンスとばかりに一気に作業を進めます。
まずは自作ピラーを埋めます!とその前に基礎ブロックの水平と直角を出しておきます。
芝生の根がしっかり張ってて剥がすのに往生しました。

そして中央に幅30cm深さ85cmの穴を掘ります
穴はこの子で掘ります
野立て看板を立てる時にもよく使うのですが安い割には最高の武器です。
恐らくこれがないと穴掘りは難しと思います。

このような感じで穴掘りが完了
ピラーを立てる鉄の筒も一緒に埋めます。

穴に砂利を入れてその上にコンクリを数センチ流し込み更にブロックをその上に敷き鉄パイプの筒を置き軽く水平を出しておきます。

筒に2mの自作ピラーを差し込み、140kgのコンクリートを一気に流し込みます。
足元を頑丈にするため枠をセットその中にもコンクリで埋めます。
絵を見せてた方が早いですねこのような感じです。

ピラーの先端に水平器をおいて水平を出しておきます

コンクリを練ったついでにブロック置く地面をコンクリで水平にしておきます。
特に支柱が入るブロックはぐらつかないようにしっかり地面に埋めておきました。

柱をカットします。
メインの支柱となる6本を1800mmでカット
仮に刺して見ましたがええ感じ(^^)テンションが上がります。

虫対策、防腐対策も同時進行で行います。
これをしっかりやっておかないとシロアリさんに美味しいおやつを与えると言う事になり兼ねませんので

上部の柱と重なる所はジグソーを使って溝を掘りました。
念のため溝の位置は現物合わせです。

上物(屋根)を除く主な木材のカットと防腐処理はこれで終了です。

次回は組み立てネジ止めの作業を予定
イメージの通りのものが徐々に見えて来ました。
形になると嬉しいですね(^^;

観測小屋(もどき)の制作~DrgOnBaseその3へと続きます