バーダープラネタリウム社ナローバンドフィルターの裏表-FW8-STTへの取り付け作業

ナローバンドCCD撮影専用フィルターを2枚追加注文
約1か月半待って遂に到着しました!
これでナローバンド撮影の準備が全て完了し後は晴れを待つばかり(^^;

O-III(半値幅8.5nm/φ36mm)とS-II(半値幅8nm/φ36mm )

バーダープラネタリウム
http://www.kkohki.com/Baader/narrowbandCCD.html

36mmのガラスがなぜこんなに高い(TT)ホントにこの趣味はお金がかかりますねぇ。。。。

早速FW8-STTフィルターホイールへの装着作業スタート!

もちろん冷却CCDカメラ用フィルターの装着作業は初体験(^^;果たして上手出来るかなぁ~(笑)

マニュアルを見ながらの作業、げげっ英語。。。難儀だわ(^^;
https://diffractionlimited.com/wp-content/uploads/2016/08/stt_filterwheel_manual_080812.pdf

とは言ってそれほど難しくなさそうです
作業は六角レンチとプラスドライバーを使って作業します

①まず六角レンチを使ってフロントのカバー4か所のネジを緩めて開ける

②次にフィルタのアタッチメントをプラスドライバーを使って8か所のネジを緩め外す

③黒いゴムの輪(リング)を入れ、PENTAXのペッタン棒などを使ってフィルターを装着

④フィルタのアタッチメント、フロントのカバーを付けて完了

って言うような感じで作業自体は楽ちん(^^;

しかし!!ここで大きな落とし穴がw

フィルターの裏表問題が浮上!(><)

果たしてこのフィルターって裏表があるの?
正直見た目で裏表の判別は出来ない、何となく色が違う様な。。。光の当たり具合なのかそれとも。。。。。
初めての経験なのでわかりません、悩みました。

バーダープラネタリウムの公式サイトFAQに情報がありました。
Unmounted Filters – which side should face the telescope?と言う質問
また英語だぁ~(^^;
マウントされてないフィルターのフェースはどちらに向けるの?って感じでしょうか
http://www.baader-planetarium.com/en/filters/deep-sky/baader-l-rgb-c-ccd-filterset.html?___SID=U
※2017.07.27回答のリンクが外されてます(^^;

このFAQの回答によると英文なもので恐らくですが「フィルターの側面に三角マークがあるので三角の先(とがった方)を鏡筒側にセットしろ」


↑リンクが外れる前に保存したスクリーンキャプチャ(翻訳済)

unmounte-filter-arrow常に反射側を望遠鏡側に向けます。
マウントされていないフィルターは矢印(フィルターの反射面)を望遠鏡側に向けます。

矢印を望遠鏡側に向ける = 必然的にフィルターの反射面望が遠鏡側向く

と理解しました。


なるほど確かにフィルターの側面に△マークを発見!ちっちゃい(^^;老眼が進みつつある私の目には非常にわかりずらい。

装着方向は理解できたので作業開始
念のためショップであらかじめ付けて納品してもらったフィルターの方向を確認

△の先端ははCCD側へ向いてます
あれれぇ??(@@)FAQの回答とは逆方向に全て(R・G・B・L・C・Ha)装着されてます。
さて困った英語の理解不足(翻訳ミス)なのか。。。。。
ショップを信用してショップの向きに合わせるべきか、メーカーを信用してメーカーに合わせるべきか、それとも裏表なんて深く考えず適当でもいいのか?
頭の中はパニック状態

翌日ショップ宛に問い合わせメールを送信
返信をもらったのですがさらに頭がパニック(@@)

バーダー社HPの回答が正しく矢印の先端方向がCCD側に配置されてる事が正しいとの事でした。
でもってショップ側としてはメーカーの意図した方向と逆向きに設定してましたと。。。。。
以下言い訳。。。うんぬんカンヌン×◯▲×◯▲×◯▲

いやいや私の翻訳英文読解ミスでなければバーダー社側では矢印の先端方向が鏡筒側にセットされてる事が正しいと言う事では?

では仮に矢印の先端方向がCCD側に配置されてる事が正しいと言う事であれば
ショップ側としてはメーカーの意図した方向と逆向きに設定してましたと。。。。。と言う文章もおかしいでしょう(^^;そう言う事であれば間違ってるどころが正しくセットされてる事になりますよ。。。。。

結局どっちなんだいと言う事を再度問い合わせ
そして回答
正しくは私の翻訳通りでした

矢印の先端方向が鏡筒側にセットされてる事が正しい

従いましてショップ側の装着は逆でした

と言う事でした。

二転三転してなんか気持ちはモヤモヤ、そうこうしてる間にバーダープラネタリウム社公式サイトFAQのこの記事に関するリンクが外されてるし。。。
何を誰を信用してよいのか。。。。。

バーダー36mmのセルなしフィルターを使われてる方はどのような向きで装着されているのだろう?

2017.07.27現在、メーカー側で逆に付けた場合の影響を確認して後日ユーザー向けにアナウンスするらしいです。
一刻も早く正しい情報が公開される事を祈ります。

217.09.05追記
二転三転しましたが
フィルター面にペンをかざしてにじむ感じ(像が二重になる、昔の3Dビデオのようになる面)を鏡筒に向けました従いまして▼マークがカメラの方に向くようにセットしました。

FAQの回答とは逆の様な気がしますが。。。
http://www.baader-planetarium.com/en/blog/unmounted-filters-which-side-should-face-the-telescope/

バーダープラネタリウム社ナローバンドフィルターの裏表-FW8-STTへの取り付け作業」への6件のフィードバック

  1. ちゅらひろ

    到着、おめでとういございます!ひとつひとつが確認作業ですね!
    撮影がたのしみですね!

    返信
    1. DRAGONDEMAND 投稿作成者

      ちゅらひろさん
      こんばんは。
      1つ1つ確認(^^;;まさにその通りです。
      大変だけど初めは仕方無いですね(^^;;
      でもそれが楽しみの1つ。
      今回のフィルター裏表の件で疑問に思ってる人は他にいると思うのですがどうなんでしょう?
      たまたまセル無しのフィルターだからそう思ったのかも知れませんが。
      少しでも情報共有出来ればと思ってます。

      返信
  2. sasurai

    コメント入れた筈が入っていませんでした^^;
    こちらのショップでは植毛紙やらビクセンアリガタ、短焦点屈折を購入しましたが、短焦点の謳い文句やら光路長システムズの件はメッセで言った通りでして。。
    まあ普通に考えて矢印先端が鏡筒でしょうかね?消えたFAQも考慮すると。
    準備万端あとは晴れた夜空を待つだけですが、常夏じゃなくて絶賛雨季真っ最中な感じで困りますね^^;

    返信
    1. DRAGONDEMAND 投稿作成者

      sasuraiさん

      コメント2件承認待ちになってました。
      恐らくいつもの「さすらいが」->「sasurai」になってた事で新規投稿と見なされたものだと思います。
      ご不便おかけしましたm(__)m
      多くの商品を扱ってるショップに対し全ての情報を把握しろと言うのは非常に酷な話だと思いますが高価な商品を購入する側の消費者としては分かりやすく正しい情報流すように努力して貰いたいところです(^^;
      私のような素人に言われなくても勿論やってると思いますが。(^^;
      今月の天気は絶望的ですね。。。。来月に期待したいと思います。

      返信
  3. やまぎり

    こんばんは。

    フィルターが全部同じメーカーなのは当然なのかもしれませんが、良いですね。
    私は、何も知らずにHaフィルターを買ってしまったので、LRGBと厚さが違うんです。。
    さらにOIIIフィルターも違ったのは内緒ですが、SIIを買うついでにOIIIも買い直し
    ました。
    しかし、冷却+フィルターで随分と高額になってしまいましたね!
    でも、これからさらに楽しみになりましたね!

    返信
    1. DRAGONDEMAND 投稿作成者

      やまぎりさん

      えっ!OⅢ買い直したのですか?(^^;;知らなかったです。
      今回追加した2枚でR、G、B、L、C、Hα、OⅢ、SⅡフィルターホイール8枚全て埋まりました気持ちいいですw
      フィルターの総額がなんだかんだ10万越え!貧乏人には厳しい出費ですわ(´・_・`)
      取りあえずメーカーは全部揃えたのでピントは合う予定ですが果たしてどうなることか?!やっぱりテストしないとダメですかね?
      やまぎりさんもHα、OⅢ、SⅡの3つ揃えて準備万端ですね!
      何を撮る予定ですか?こっそり教えて下さい
      房総辺りで合流お願いします!\(^o^)/

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です