干潟星雲(M8)と三裂星雲(M20)

連続投稿です。
ゴールデンウィーク2度目の遠征は千葉県の房総でした。
定番のこの構図じつは初めての撮影かもです(^^)
この日もキリと雲と結露に終始泣かされた一日となりました。
一時間ちょいの総露光時間ではありますがup

干潟星雲(M8)と三裂星雲(M20)
撮影日時   :2019/05/05
撮影地    :南房総
光学系    :BORG77EDⅡ+0.78レデューサー
架台/ガイド :SKY-WATCHER EQ5 GOTO/ QHYミニガイドスコープ130mm / QHY5LⅡM / PHD2ガイド
カメラ    :CANON 6D(seo sp4)
露光データ  :ISO1600、240sec×14
画像処理ソフト:PhotoShopCC/FlatAidePro/RStacker/phd2
撮影用ソフト :EOSUTILITY

干潟星雲(M8)と三裂星雲(M20)」への2件のフィードバック

  1. 南とは言っても福島まで、道路は混雑しませんでしたか。
    2度目の房総も、潮干狩り等で混みそうです。(汗)
    我孫子に8年住んでいたので、何となく・・・・。
    お見事ですね。オヤジもM8は数日前撮りました。
    M17とかM20が見えて来ると、夜空は夏!とか思います。
    露光量が、オヤジには気が遠くなりそうです。
    でも、この位頑張らないと、こんな素晴らしい星雲に成らないのでしょうね。

    • オヤジさん

      こんばんは!
      行きは渋滞とは逆方向、帰りは朝早いので渋滞に巻き込まれる事無く移動出来ましたよ(^^)
      我孫子とはまたローカルネタですね。
      最近の鳥撮影はまさにその我孫子の地でお世話になっております。
      露光時間は56分、1時間に達してないのでそれ程長くないと思います(^^;
      最低2時間は撮りたかったです。

DRAGONDEMAND にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です